ウェディングドレスの全行程

こんばんは^^

今日は、ウェディングドレスにまつわる全行程を簡単にご説明いたしますネ。

当方を例にしておりますので、もちろん、もっと素晴らしいサービス(有料無料含め)のあるショップさんもあると思いますが、ざっくりした流れはだいたい一緒だと思います

最後の行程が全部終わるまでにかかる料金、その合計が衣装代です。そしてこの行程は、ある程度慣れている人(ドレスショップで働いていたご経験がある方など)でしたら大丈夫なんですが、初めてのかたがお一人で進めるには、労力を使うわりには、思わぬところで無駄な出費がかさむ可能性が高いです。「現実にはこんなことがある」っていう説明なども交えながら書いてみますネ

①ご試着

②ご決定

という流れはあたりまえですので、先へ進みます^^

③お小物合わせ 

★インナー

ドレスをご決定される前にご購入されるとご使用になれない場合がございます。もちろん、他のなにかの機会にご使用になればよいので、無駄ということではないのですが、、、。

例えば背中が大きく開いているドレスの場合、ショートタイプのビスチェをご使用いただだきます。スタンダードタイプですと、インナーがはみ出して見えてしまいます。当方の場合は着け心地やドレスの背中の開きとのバランスが良いものをお選びいただけますよう2種類ご用意しておりますが、ショートタイプひとつとってもたくさんあります。ビスチェ自体、ご使用ができないデザインで、ヌーブラになる場合もあります

★パニエ

パニエの大きさで、スカートのボリュームにある程度変化をつけられます。パニエの大きさはドレスと一緒につけていただいて、実際にスカートのボリュームを見ていただくのが1番です。

この他、インポートドレスの場合は着丈が長いことが多いので、ご身長とお裾丈のバランスを整えるために、パニエを大きく拡げてお使いいただくこともございます。姿勢良く、美しく歩いていただくために、お足元の空間を拡げ、歩きやすさを確保する意味でもパニエは大切です。

★ヴェール

ヴェールをお選びになるときは、ドレスの色や、レースの柄とのバランスは勿論、トレーンの長さとのバランスを実際に見ることができたほうがよいと思います。スカートのレースの柄と、ヴェールの柄が重なってケンカしてしまったり、トレーンよりヴェールがちょっと短い、、という微妙な長さになったりしないよう、ドレスをご着用されて合わせてみるのが一番だと思います

★グローブ★ヘッドドレス&イヤリング

グローブやヘッドドレス、イヤリングなども、最終的にはドレスと合わせてみるのが良いとは思いますが、そんなにお急ぎにならずとも大丈夫な部分ですし、この3点はご自身でじっくり選ばれると良いと思います

④採寸&お直し

西洋の女性のサイズで作られているインポートドレスを美しく着こなすためには、多くの場合、お直しや微調整が必要です。その上、ほとんどの花嫁様が、なにかしらの方法でダイエットされます。ジャストフィットでお召しになるドレス姿はとても美しく、お直し前と全然違います。ウェディングドレスのお直しは、簡単なものもありますが、高い縫製技術を必要とするものも多く、プロの上手な先生にご依頼されるのが良いです。ただ、どこへ行ったら良いのか?など、探されるのは、これまたなかなか手間だと思います。

デザインによっては、お直しが非常に難しく、ものすごく高額になるか、綺麗にいかないケースもありますから、大幅なダイエットのご予定がある方などは特に、ドレスをご決定される前に、そのことをドレスショップさんにお伝えになられてご相談されると良いと思います

⑤最終フィッティング

お直しが終わったドレスを、フィッティングされてみてください。このときパニエとお裾丈とシューズのヒールのバランスなども、実際に歩いてみてご確認されると良いです。本番でスカートが足にからんで歩きにくいと、ただでさえ緊張されてますから大変だと思います

⑥納品

★会場様から納品の日時のご指定がある場合は、その日時に到着するように郵送されます。納品書やフィッティングに関する依頼書などで、必要な情報を会場様にお伝えすることも、花嫁様がスムーズにドレスをお召しいただくために大切なことです

★海外挙式のかたの場合は、ご自宅へ郵送されます

(ご来店されてご自身でお引き取りになられるかたもいらっしゃいます)

⑦プレス

シルク系のドレスの場合、郵送ですとシワになる場合がございます。提携店外の持ち込みドレスの場合はプレスしていただけないケースも多いので、都内でしたらご希望により会場様へプレスにお伺いします。

⑧クリーニング

ご購入されたドレスは、お式後にクリーニングを入れ、ご自宅へお送りします

 

こんな感じです。

メールでの価格のお問合せにつきまして

こんばんは

今日はお問合せにつきまして、ちょっと書きますね

お客様からお問合せいただけるって、とてもありがたいことで、嬉しいです。これはどんなお仕事の人だって、同じだと思います

ただ、よくいただくお問合せに、「〇〇というドレスの価格を教えていただけますか?  よろしくお願いいたします」っていうのがあるんですが、このメールにお応えするのって、難しいんです・・・

「・・・なにが難しいの??」って思いますよね?

もし私が、インポートドレス屋でなく花嫁さんだったら、まったく同じ内容のメールをドレス屋さんに送ると思いますし、「価格をメールでお知らせするのは難しいことです」って言われたら、「は? なんで?」って思うと思います

同じように、もし皆さまがインポートドレス屋であったなら、なんとお返事したらよいものかと、今の私と同じように悩むと思います

とりあえず「○○円です」って、ざっくり返信しておいたほうが、「すぐにお返事が来たし、ちゃんと答えてくれたし感じ良いわ~」って良い印象になるんだろうな、、って想像するんです。わたしだって、良い印象を持ってもらいたいですし、それでご来店いただけたほうが、、、って、気持ちになる日もあります。それでも「○○円です」って返信はできればしたくないんです。その理由を今日は書きたいと思います

まず、お客様のご希望が

〇新品のご購入 〇レンタル 〇中古のご購入 〇オーダレンタル・・・・

どれに該当されるのかわからないです

「全部書けばいーじゃない、たった4つの数字・・・」と思うかたもいらっしゃるかもしれません・・・・

そうなんですよね、、、。でも、現実にはそう簡単にいかない理由をご説明させてください

まず新品の販売の場合、、、。

例えば、今年の9月末日までに通関したドレスは消費税8%で仕入れています

(輸入品は通関のときに消費税がかかります)

10月1日以降に通関したドレスは10%で仕入れています

在庫があれば消費税8%の仕入れ値になり、なければ取り寄せますから消費税10%の仕入れ値になります。当然仕入れの段階で2%上がってますから、ご提示する価格も若干高くなります

で、、、たとえば消費税8%の時に仕入れておいた7号サイズの在庫があったとして、うっかり、その価格をお伝えしてしまったとしますね、、、

でももしご質問された花嫁様のおサイズが11号だったら、現在の10パーセントの消費税でのお取り寄せになりますから価格は変わってしまいます

加えて、そのときのドルのレートがありますから、1ドルいくらか、、、で更に変わります。

メールでお伝えした価格より安くなる分には、まあ、まだ良いと思いますが、高くなった場合、ちょっと不信感を覚えませんか? 「メールで言ってた価格より高い、、最初だけ安いようなこと言ってて、本当はもっと高い・・」みたいな気持ちになりませんか?  わたしだったら、不安になります

もし仕入れ値がいくらであろうと、お値段を一定に保つとすると、たとえ1ドル140円になっても赤字にならないよう、最初から、かなり高く設定しなければなりません。それはお客様にとってメリットはないです・・・なので、それはしないんです

それから海外ブランドのドレスは、ある日生産中止になります。ある日っていうのが、何月何日かはわからないんです。たいてい新作がでてくる時期に、以前からあるドレスの中から生産中止になるドレスがでてきます。「どのドレスがいつ生産中止になるか、一覧表が送られてくる」なんてことはないので、誰にもわからないです。ですからせっかくご検討いただいても、お取り寄せできない可能性もあります・・・

また、レンタル初回のドレスとレンタル4回目のドレスのレンタル料は違います。こちらで花嫁様の挙式日がわからない場合、レンタルさせていただけるかどうかもわかりません。既に他のかたのレンタルが決まっている可能性もあります

とりあえずだいたいのお値段を言って、お客様にご検討していただいて「ではこのドレスの試着をします」ってご連絡いただいたときに「あ、そのドレスはお客様のサイズはないです。すみません」とか「レンタルできないです、すみません」とか、そういう流れって、良いとは思えないんです。お客様を巻き込んだ形で業務全体が煩雑になる上、誰ひとりハッピーではありません

わかりやすい部分をかいつまんで書きましたが、このほかにも「このドレスはお直しが不可です」とか「このドレスは海外へお持ちになるのは無理です」とか、、、ドレスによって、いろいろあります・・・

ドレスはお洋服とは似て非なると申しましょうか、、、お洋服のショッピングとはまた違う点がいっぱいあります。

ですので、大変恐縮ですが、メールでの価格のお問合せにはなるべくお答えしないようにしております。何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます