メールでの価格のお問合せにつきまして

こんばんは

今日はお問合せにつきまして、ちょっと書きますね

お客様からお問合せいただけるって、とてもありがたいことで、嬉しいです。これはどんなお仕事の人だって、同じだと思います

ただ、よくいただくお問合せに、「〇〇というドレスの価格を教えていただけますか?  よろしくお願いいたします」っていうのがあるんですが、このメールにお応えするのって、難しいんです・・・

「・・・なにが難しいの??」って思いますよね?

もし私が、インポートドレス屋でなく花嫁さんだったら、まったく同じ内容のメールをドレス屋さんに送ると思いますし、「価格をメールでお知らせするのは難しいことです」って言われたら、「は? なんで?」って思うと思います

同じように、もし皆さまがインポートドレス屋であったなら、なんとお返事したらよいものかと、今の私と同じように悩むと思います

とりあえず「○○円です」って、ざっくり返信しておいたほうが、「すぐにお返事が来たし、ちゃんと答えてくれたし感じ良いわ~」って良い印象になるんだろうな、、って想像するんです。わたしだって、良い印象を持ってもらいたいですし、それでご来店いただけたほうが、、、って、気持ちになる日もあります。それでも「○○円です」って返信はできればしたくないんです。その理由を今日は書きたいと思います

まず、お客様のご希望が

〇新品のご購入 〇レンタル 〇中古のご購入 〇オーダレンタル・・・・

どれに該当されるのかわからないです

「全部書けばいーじゃない、たった4つの数字・・・」と思うかたもいらっしゃるかもしれません・・・・

そうなんですよね、、、。でも、現実にはそう簡単にいかない理由をご説明させてください

まず新品の販売の場合、、、。

例えば、今年の9月末日までに通関したドレスは消費税8%で仕入れています

(輸入品は通関のときに消費税がかかります)

10月1日以降に通関したドレスは10%で仕入れています

在庫があれば消費税8%の仕入れ値になり、なければ取り寄せますから消費税10%の仕入れ値になります。当然仕入れの段階で2%上がってますから、ご提示する価格も若干高くなります

で、、、たとえば消費税8%の時に仕入れておいた7号サイズの在庫があったとして、うっかり、その価格をお伝えしてしまったとしますね、、、

でももしご質問された花嫁様のおサイズが11号だったら、現在の10パーセントの消費税でのお取り寄せになりますから価格は変わってしまいます

加えて、そのときのドルのレートがありますから、1ドルいくらか、、、で更に変わります。

メールでお伝えした価格より安くなる分には、まあ、まだ良いと思いますが、高くなった場合、ちょっと不信感を覚えませんか? 「メールで言ってた価格より高い、、最初だけ安いようなこと言ってて、本当はもっと高い・・」みたいな気持ちになりませんか?  わたしだったら、不安になります

もし仕入れ値がいくらであろうと、お値段を一定に保つとすると、たとえ1ドル140円になっても赤字にならないよう、最初から、かなり高く設定しなければなりません。それはお客様にとってメリットはないです・・・なので、それはしないんです

それから海外ブランドのドレスは、ある日生産中止になります。ある日っていうのが、何月何日かはわからないんです。たいてい新作がでてくる時期に、以前からあるドレスの中から生産中止になるドレスがでてきます。「どのドレスがいつ生産中止になるか、一覧表が送られてくる」なんてことはないので、誰にもわからないです。ですからせっかくご検討いただいても、お取り寄せできない可能性もあります・・・

また、レンタル初回のドレスとレンタル4回目のドレスのレンタル料は違います。こちらで花嫁様の挙式日がわからない場合、レンタルさせていただけるかどうかもわかりません。既に他のかたのレンタルが決まっている可能性もあります

とりあえずだいたいのお値段を言って、お客様にご検討していただいて「ではこのドレスの試着をします」ってご連絡いただいたときに「あ、そのドレスはお客様のサイズはないです。すみません」とか「レンタルできないです、すみません」とか、そういう流れって、良いとは思えないんです。お客様を巻き込んだ形で業務全体が煩雑になる上、誰ひとりハッピーではありません

わかりやすい部分をかいつまんで書きましたが、このほかにも「このドレスはお直しが不可です」とか「このドレスは海外へお持ちになるのは無理です」とか、、、ドレスによって、いろいろあります・・・

ドレスはお洋服とは似て非なると申しましょうか、、、お洋服のショッピングとはまた違う点がいっぱいあります。

ですので、大変恐縮ですが、メールでの価格のお問合せにはなるべくお答えしないようにしております。何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください