インポートドレスのご購入をご検討中のかたに

こんばんは

最近、ご購入に関するお問合せをメールやお電話で数多くいただいておりますので、今日は、ご購入に関して少しお話しますね。

コロナ禍になってからというもの、せっかくお客様がご購入をご決定くださっても、メーカーに納期の確約がとれず、お買い求めいただけなかったケースのほうが多かったんです。

ごく稀に工場に在庫があることがあり、その場合はすぐに送ってもらえますが、かなりレアなケースです。

これは去年の一時期のお話ですが、「万一感染者が出た場合に、工場ごと閉鎖になる可能性がある」以上は、メーカーとしては納期の確約ができなかったんです。仕方ないんですよね。メーカーが納期を確約できない以上、お客様からのご注文はお受けできないので、わたしもお断りしておりました。

現時点では、ドレス毎に納期を確認して発注を出せる状況ではあります。ですがコロナ禍が世界中で現在進行形ですから、いつなにがどうなるか誰にもわかりません。

またコロナ禍に関係なく、通常でも、ご使用日まで5ケ月をきっているなど、間に合わない可能性が少しでもある場合にはお断りせざるを得ないんです。

メーカーは注文を受けてからドレスを作ります。完成したドレスがフルールドリスに到着するまでに早くて3ケ月、通常3ケ月半から4ケ月半かかります。それから日本でお直しします。お直しの期間に2週間みていただくと、ご使用日の約5ケ月前の発注でぎりぎりセーフという感じなんです。

ご使用日までに5ケ月ないかたの場合は、国内のショップの在庫からご購入する方法がございます。その場で買えますから一番確実で安全です。ご使用日まで1ケ月もあればお直しも大丈夫ですし。

お客様にすぐにお買い上げいただけますよう、フルールドリスでもでき得るかぎり在庫しておりますが、ウェディングドレスの場合お洋服のように各サイズの在庫が全部そろっているということは、滅多にないんです。

なので、お気に召したデザインのドレスで、かつご自身にジャストサイズの新品の在庫があった場合、それはけっこうチャンスと言えるとは思います。

「早く買った方がよいです」とまでは申し上げませんが、現状、オーダーしてインポートしてのご購入は以前より難しい状況にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください